歴史・文化

Cultural Customs

パラオの歴史

有史以前のパラオの歴史は謎のベールに包まれています。
人がいつ、なぜ、どうやって、この美しい島に来たのかは不明です。
研究によると、パラオ人はインドネシアのマレー人、ニューギニアのメラネシア人、そしてポリネシア人の遠縁ではないかといわれています。定住した時期ですが、ロックアイランド最古の村にある遺跡の文物やバベルダオブ島の棚田に対する炭素年代測定によると、紀元前1,000年と推測されています。

初めて外国と接触したのは1783年。英国のヘンリー・ウイルソン船長が乗った「アンテロープ号」がウーロン島(コロール島とペリリュー島の間にあるロックアイランド)の暗礁に乗り上げました。ウイルソン船長は大種族長イブディルの協力を得て、3ヶ月かけて船を修理しました。以後、外国の探検家がパラオを訪れるようになり、この島が欧米に知られるようになりました。

教皇レオ13世は1885年にスペインによるキャロライン諸島の支配を宣言し、外国による島々の統治が開始されました。カプチン派修道士と二人の兄弟によって設立、維持された二つの教会は、島にローマ字をもたらし、村と村の戦争もなくなりました。1899年、スペインはキャロライン諸島をドイツに売却し、島の地下資源を輸出する組織的な計画が立てられました。

第一次大戦でドイツが敗れたため、1919年のベルサイユ条約により、キャロライン諸島は日本によって統治されることになりました。パラオ文化に対する日本の影響は大きく、経済や財産の所有権は氏族から個人に移されました。1922年、パラオは南太平洋における日本政府機関として南洋庁が置かれ、コロールは工場、商店、レストラン、薬局などがひしめく都市になりました。

第二次世界大戦で日本が敗れたため、キャロライン諸島、マリアナ諸島、マーシャル諸島は米国の信託統治領となり、パラオは六つの統治地区のひとつになりました。米国統治の一環として自立できる国とするためのインフラと教育の整備が行われ、1994年10月1日パラオは米国との間で自由連合盟約を結び、独立することとなるのです。

1783年 イギリス船「アンテロープ号」の座礁(アラカベサン島沖)。パラオと西洋の接触が始まる。
1885年 スペインによる植民地化
1899年 ドイツによる植民地化
1914年 第1次世界大戦勃発
1920年 日本による統治開始
1922年 日本の南洋庁の設置(コロール)。日本の教育を行う。
1947年 国連太平洋信託統治領としてアメリカによる統治開始
1981年 パラオ憲法発布。自治政府の発足(初代大統領/ハルオ・レメリク)
1993年 第4代大統領/クニオ・ナカムラ(Kuniwo Nakamura)就任
1994年 パラオ共和国として独立。同年12月国連に加盟

Cultural Customs

パラオの伝統文化

パラオの伝統習慣は今日でもパラオ人の日常生活に息づいています。パラオ人は海と密接な関係を持っています。男性は漁をするために月と潮流について学び、女性は陸地や島に囲まれた海の浅瀬にとどまって家や家族の世話をします。

パラオの村は10家族程度で構成される母系社会です。村を統治するのは序列上位の10家族の首長で組織される議会で、それと並行して土地資金管理についての顧問的役割を果たす女性だけで構成される議会も存在します。

出産を済ませた若い母親は、子供を家族と友人にお披露目するために、熱いお風呂に入浴し、ターメリックココナツオイルで身を清め、花と伝統衣装をまといます。もし機会があれば、この様子を見ることは特別な経験になることでしょう。

Museum

博物館

Belau National Museum

パラオ国立博物館

Tel (680) 488-2265
Email bnm@palaunet.com
博物館HP http://www.belaunationalmuseum.net
開館時間 月 – 金: 9am – 5pm

土: 10am – 5pm

日/祝祭日: 休館

Etpison Museum

エピソン博物館

Tel (680) 488-6730
Email info@etpisonmuseum.org
博物館HP http://www.etpisonmuseum.org/
開館時間 月 – 土: 9am – 5pm
日/祝祭日: 休館