コロール

もっとパラオを感じる
Koror

コロール(Koror)は、パラオ共和国のコロール島にある最大の都市で、メインストリート沿いには、ホテル、レストラン、土産物屋など軒を並べ、人口の約7割が居住している。2006年10月、首都がコロールからバベルダオブ島のマルキョク州に移転されたが、今でもにぎやかな経済の中心地となっている。

コロールには多くのギフトショップがあり、パラオ国立博物館、エピソンミュージアム、テバン木彫りショップ、パラオ水族館にもいくつかの店が入っています。地元工芸品としては、ストーリーボード、ココナツオイル製品、ジュエリー、織物などがあり、隔週のナイトマーケットや年に一度の独立記念フェアでもパラオ特有のアイテムを見つけることができます。

これらのイベントはコロールの中心街で行われます。警察署の中の刑務所でも更生プログラムの一環で作られるストーリーボードも販売されています。

コロール(Koror)は、パラオ共和国のコロール島にある最大の都市で、メインストリート沿いには、ホテル、レストラン、土産物屋など軒を並べ、人口の約7割が居住している。2006年10月、首都がコロールからバベルダオブ島のマルキョク州に移転されたが、今でもにぎやかな経済の中心地となっている。

②パラオ国際サンゴセンター

パラオのサンゴや海洋生物の研究を目的に設立された海洋センター。敷地内には水族館施設もあり、マングローブ域を再現した水槽やパラオらしい魚やタコクラゲなど、パラオの海を凝縮したような水槽はダイバーならずとも、驚きと楽しさがいっぱいである。

①パラオ国立博物館

1995年に設立された博物館。様々な生き物の標本が並ぶ管内と敷地内にあるバイがパラオの文化と自然を教えてくれる教科書的存在を担っている。

③エピソンミュージアム

パラオ第3代大統領故ギラける・エピソン氏を記念してオープンしたギャラリー風の博物館。歴史的に見ても興味深い展示物が並ぶ館内は、よりパラオを知るための情報が所狭しと陳列されている。